解散から13年 チェッカーズ復活を阻むフミヤと高杢の確執



 ともに「チェッカーズ」のメンバーとして活躍した、兄の藤井フミヤ(54)と弟の藤井尚之(52)のユニット「F―BLOOD」が先日、ニューアルバムの発売記念ライブを都内で開催した。

 ライブ終了後、囲み取材に応じた2人。同ユニットの今後についてフミヤは、「このF―BLOODに解散っていう言葉はないですね」と明言。しかし、1992年に惜しまれつつも解散したチェッカーズ再結成の可能性については、「ちょこちょこは歌っているんですけど、チェッカーズの復活は難しいでしょうね。もう音楽やっていない人間もいますし」と難色を示した。

「当時のファンは再結成を切望しているが、当事者たちにその気は全くなし。というのも、あの“内紛”で生じたメンバー間の溝を埋めるのは至難の業だからです」(音楽業界関係者)

 チェッカーズの“内紛”の火種となったのが、2003年6月に元メンバーの高杢禎彦(54)が発売した自伝エッセー「チェッカーズ」(新潮社)だった。同書の中で、高杢はまるでフミヤが解散の“戦犯”であるような書き方をし、さらにはフミヤがさも“銭ゲバ”のようなエピソードまで。この本が原因により、04年8月にクロベエこと元メンバーの徳永善也さん(享年40)が亡くなった際、高杢と高杢派の鶴久政治(53)は「お別れ会」の発起人に名を連ねることができず、2人はメディアを通じてほかのメンバー4人への怒りをぶちまけた。

 それから13年が経過したが、「フミヤは当時、高杢が週刊誌の記者に『フミヤには女がいるから調べた方がいい』とガセ情報を流していたことを聞き付けさらに激怒。高杢抜きの再結成ならあるかもしれませんが」(ワイドショー芸能デスク)。

 地元久留米の幼なじみゆえに溝は深い。

引用:解散から13年 チェッカーズ復活を阻むフミヤと高杢の確執


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

PR

このページの先頭へ

×