ガル・ガドット、複雑なキャラクターを好演!『トリプル9』にコメント到着



ケイシー・アフレックらハリウッドのオールスターキャストが競演し、警官が撃たれた際に発令する緊急コードの盲点をつくクライム・アクション『トリプル9 裏切りのコード』。本作に出演する女性キャストの1人が、『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』でダイアナ・プリンスこと “ワンダーウーマン役”で登場、2017年公開予定の『ワンダーウーマン』(原題)では主役を演じることでも注目されているガル・ガドットだ。その彼女からシネマカフェにコメントが到着した。

【画像】話題作が続くガル・ガドット

元軍人と悪徳警官で構成されたギャングが、警察コード“トリプル9”を悪用して警察を欺き、わずか10分間の空白の間に政府重要施設の襲撃に臨むという本作。ガル・ガドットが本作で演じるのは、ロシアン・マフィアの女ボス、イリーナ・ヴラスロフ(ケイト・ウィンスレット)の妹役エレナ・ヴラスロフだ。

2015年「世界で最も美しい顔」2位を獲得したガルは、2004年にはミス・イスラエルに選ばれたほどの美貌の持ち主であり、大学で法学を学んでいたクールな知性派。『ワイルド・スピード』シリーズのジゼル役で知られるようになり、DCユニバースでワンダーウーマン役を演じていることでも大きな注目を集めている。

本作では、ギャング団のリーダー、マイケル(キウェテル・イジョフォー)と恋人同士で、彼との間に出来たひとり息子の面倒を見ているものの、姉のイリーナはその息子を人質に取ってマイケルに犯罪を強要、そのため姉とは微妙な関係にあるというキャラクターだ。

ガルは本作の脚本を読んだ際、「1時間半で脚本を読み終えたわ。夢中になった。強烈で、感情にあふれ、複雑な物語だった。この映画の登場人物は多いけれど、それぞれのキャラクターにそれぞれの深い物語がある。キャラクターと、彼らの人間関係が素晴らしい映画を作っているの」と語っている。

自身が演じるエレナ・ヴラスロフについては「エレナは私と全然違う。彼女は反抗的だけど、魂の抜け殻みたいになっている。彼女の姉が彼女の輝きも、息子も、夫も奪ってしまった。彼女はとても孤独で、注意を引くためなら何でもしようとする。注目の良し悪しは関係ないの。彼女はとても子どもっぽい。自分とは大きく違うこの役を演じられるチャンスに感謝しているわ」と役柄への想いを明かす。

また、強烈な悪役キャラの姉イリーナ・ヴラスロフを演じたケイトのことは「敬愛しているの」と語る。「だから、この姉妹の関係は実際の私たちとは全然違う。ケイトが私の本当のお姉さんならよかったのに。ケイトは最高だし、作品も大好きなの。ケイトはフレンドリーで社交的で才能にあふれている」と話す。恋人役を演じたキウェテル・イジョフォーについても、「キウェテルも同じ。彼の作品が大好きだわ。2人とも好き。イギリス人が好きなのかも。2人ともプロ中のプロで、仕事を完ぺきに知っているわ」と絶賛を送っている。

最後に、本作について「物語が強烈で、おもしろい。分かりやすい物語ではないけれど、こういう題材を扱うほかの映画とも違うの」と語るガルは、「監督のジョン・ヒルコートは、この映画をめったに観ることのできない、生々しくて鋭いアンサンブル映画に変貌させる方法を知っている。撮影方法と照明も素晴らしかったわ。全てがとてもダークな、素晴らしい映画よ!」と、ファンに向けてメッセージを送った。

『ジャスティス・リーグ』など今後も話題作への出演が止まらない、いま最も熱い女優ガル・ガドット。本作での彼女にも目が離せない。

『トリプル9 裏切りのコード』はヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国にて公開中。

引用:ガル・ガドット、複雑なキャラクターを好演!『トリプル9』にコメント到着


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

PR

このページの先頭へ

×