ライバルが虎視眈々? 東芝危機で「サザエさん」争奪戦も



 東芝の2016年4月~12月期連結決算の発表が延期され、市場や金融業界に衝撃が広がっている。代わりに発表された業績見通しは純損益4999億円の大赤字。主力の半導体事業の売却も取りざたされるなど「解体」含みの危機に瀕しているが、この問題、国民的アニメ「サザエさん」(フジテレビ系)にも影響を及ぼす可能性がある。

 サザエさんは放送開始の1969年10月から98年10月まで東芝の1社提供だった。それ以降は他の企業も広告を出すようになったが、お茶の間ではいまだに「サザエさん=東芝」のイメージは根強い。昨年3月には室町正志社長(当時)が記者会見で白物家電のCMを取りやめる方針を明かしつつも、サザエさんのCMについては「東芝のイメージ戦略もある。継続したい」と語っていたほどだ。

 だが、コトここに至っては話は別。巷間ささやかれているような「国有化」なんて事態になれば、広告費は真っ先にカットされるのは明らかだ。そんな展開をライバル企業は舌なめずりしているという指摘もある。

「東芝がサザエさんのスポンサーにこだわっているのは、磯野家の日常風景で家電が頻繁に映り込むことに由来するとも言われています。そのため、東芝がスポンサーを撤退する場合、ライバル家電メーカーが広告を出すにはうってつけの番組なのです。日曜夜に家族がそろって視聴することから、広告効果が高いのも魅力です」(テレビ関係者)

 おまけに、最盛期には視聴率40%に迫った“お化け番組”である。昨年は1ケタ台に落ち込む日が出るなど不調が伝えられたが、その後はすぐに回復傾向に。今年2月12日の放送回では13.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)をマークし、以前の好調ぶりを取り戻している。

「同じ放送時間帯でライバルと言えるのは『真相報道バンキシャ!』(日本テレビ系)だけ。昨年度こそ、平均視聴率でバンキシャに負けてしまいましたが、長年トップを走り続けている国民的番組であることに変わりはない。東芝の広告枠を買い取りたいと、さまざまな業界の有名企業が虎視眈々と狙っている可能性は十分に考えられます」(前出のテレビ関係者)

 家電の雄の断末魔が、日曜夜のテレビにも地殻変動を起こすか。

引用:ライバルが虎視眈々? 東芝危機で「サザエさん」争奪戦も


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

PR

このページの先頭へ

×